安心して住める心地よい空間づくり「ズットスタイル」

お気軽にご相談ください お問い合わせはこちらから TEL:0800-1234-222 FAX:076-434-1863
メールでのお問い合わせはこちらから

CHOICE新築?リノベーション?

新築?リノベーション?

新築とリノベーション、どちらが良いのでしょうか?現在住まわれているお家のリノベーションはもちろん、中古マンションや一軒家を購入し、それをリノベーションするかたも増えています。一般的にはリノベーションの方が比較的安く済むというイメージを持っているかたが多いと思いますが、場合によっては新築の方がランニングコストも含めた生涯コストが安く済みます。どちらの方が建物として優れているかは、それぞれのライフスタイルやご要望により変わります。私たちは、今まで住まわれてきたご自宅を簡単に「建て替えしましょう」と促したり、安全性に問題のある住まいを「リノベーションしましょう」と安易に提案したりすることはございません。私たちは、お客様の将来設計や資金計画などを総合 的に検討したうえでご提案いたします。

間取りを大きく変更したい。

新築では自由な設計が可能なので、それぞれのご家族にぴったりのこだわりの間取りを実 現できます。
リノベーションでも間取りの変更は可能です。しかし、構造的に今と全く違った形状にしたい場合は、構造的に問題がないかを確認し、必要な部分には補強をおこなう必要があるため、プランが制限されることがあります。

コストを抑えたい。

リノベーションは既存の建物の構造部分である躯体を利用することがほとんどなので、新築とくらべると比較的建設コストが抑えられる場合があります。しかし古い建物であれば 耐震や断熱性能など、普段見えない構造部分を確認しないと判断できないことがあり、また解体中に問題点が見つかることもあるので、リノベーションでは予想外にコストがかかってしまうことも少なくありません。その点では、新築のほうがそのリスクは遥かに小さくな ります。

耐震性や断熱性のある家にしたい。

古い建物をリノベーションする場合、昔の基準で建てられているので、建物の性能が低いことがほとんどです。もちろん、耐震補強や断熱材を加えることで、現在の基準に合った建物となりますが、工期やコストがかかることを考慮する必要があります。
新築の場合はもちろん、現在の基準で建てられますので、耐震・断熱性能は安心感があるの ではないでしょうか。
永く住み続ける家だからこそ先のことを見据えたうえで、プランや敷地の状況、資金計画なども含めて総合的に「新築」か「リノベーション」のどちらがよいか判断しなければいけません。私たちは家づくりのプロの視点から、お客様の理想に応じた多様な住まいや暮らしのかたちの実現のサポートをいたします。